引き寄せの法則で、宝くじの高額当選は引き寄せられるか?

さて本日は、『引き寄せの法則で宝くじの高額当選は引き寄せられるか?』を考えてみたいと思います。

というかさっそく結論ですが──

──引き寄せられませんて(^^; 魔法じゃないんですから。

 

 

なぜ宝くじの高額当選は引き寄せられないのか?

なぜならば、宝くじの高額当選は、目的ではなく手段だからです。

もし高額当選が目的だったら、当選したら3億円を全額寄付してもいいはずです。だって、当選が目的であり、その目的を達成したわけですから、その結果入ってくる賞金には興味ないはずですから。

でも、違いますよね?

3億円当たったら、アレも欲しい、コレもやりたい、だから高額当選したいわけです。

 

引き寄せの法則でポイントなのは、『本来、自分は何がほしいのか、どんなことをしたいのか?』──この目的を明確にさせることです。

目的が明確になっていれば、引き寄せの法則は、思いも寄らない手段を引き寄せ、その目的を達成させてくれます。

その手段は、宝くじの高額当選かもしれませんし、すごいアイディアを思いついてビジネスの成功かもしれません。

でも手段は、ぼくたちが選ぶ必要はありません。

 

そもそも『お金が欲しい』というのも手段ですから、手段を願っても意味がありません。

お金を得た結果、あなたは何がほしいのか、どんなことをやりたいのか? この目的が曖昧だから、引き寄せの法則も曖昧な出来事しか引き寄せないわけです。

 

 

ではどうすれば、自分の目的を明確にできるのか?

これはけっこう簡単で『どうするのか? なぜなのか?』と自問自答することです。想像力を使って。

たとえば、宝くじの高額当選を夢見る主婦がいたとします。

まずは、3億円当たったら『どうするのか?』を考えてみましょう。

何しろ非課税です。3億円まるまる使えます。

キッチンをリフォームするどころか、高級住宅地に一戸建てを買ってもまだ2億円あまります。

子どもの学費や、自分の習い事程度では減りませんし、旦那が失業しても一生食べていけます。

そういう暮らしが欲しいとしたら、次に、そういう暮らしがほしいのは『なぜなのか?』を考えてみます。

そうすると「毎月の生活費をやりくりするのはうんざりだから」という理由かもしれません。

つまり目的は『生活苦から解放されたい』となります。

であるならば──おや? ちょっと待ってください。

生活苦から解放されるために3億円もいりませんよね?

『生活苦から解放されたい』という目的と『宝くじで高額当選』という手段と、一致しないことを引き寄せようとしているから、自分の無意識が混乱し、結果、引き寄せる出来事も混乱している、というわけです。

 

ですので、何かを引き寄せたいときは、あなたの目的にフォーカスしましょう。

そのために、『どうするのか? なぜなのか?』と想像する癖を付けましょう。そうすれば、あなた本来の目的があぶり出されます。

 

それともう一つ。

目的は常に変わっていきますので、この点も留意しておきましょう。

目的を達成すれば、新たな目的が出てくるのはもちろんですし、『どうするのか? なぜなのか?』と自問自答しているうちに、もっと本質的なあなたの目的に気づいたりもします。

なぜなのか?と自問自答していった結果、もうこれ以上『ブレイクダウンできない想い』が、いま現在のあなたの目的です。

ですがこれからいろいろな出来事を引き寄せ、経験するうちに、『ブレイクダウンできない想い』はよりブレイクダウンできるようになり、より本質的なあなたに近づきます。

 

とにもかくにも。

『宝くじに高額当選する』ということは手段ですから、手段にフォーカスしても意味がありません。

手段は、引き寄せの法則に任せて、あなたは、あなた本来の目的を探しましょう。

あなた本来の目的を探し当てられただけで、ワクワクして堪らなくなりますよ。

そのワクワク感こそが、引き寄せの原動力ですからね。